Information


【ブログ情報】 最終更新日:2015/01/19
●2015/01/19 更新を完全に停止します。今までありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信On事典~か行

前回の『信長の野望Online 事典』の記事がそこそこ好評だった(?)みたいなので、続けていこうと思います

今回は<か行>をピックアップです





・かいじゅ【解呪】
信on事典的には「かいじゅ」と読むようです。そもそも呪いは解くものなのかという疑問が根底にあるわけなのですが、「読んで字のとおり、呪いを解くこと。」という記述があるため、そこは問題ではないようです。「解毒(げどく)」や「解熱(げねつ)」という熟語があるので「げじゅ」でもよさそうな気がしますけれども。

・がいろめねんど【蛙目粘土】
木節粘土(きぶしねんど)の上層から採掘される鉱石で、含まれる石英砂が水などに洗われると蛙の目のように見えることからこの名がつきました。ちなみに現在陶磁器全般を総称する言葉として使われることのある「瀬戸物」の「瀬戸」は、瀬戸内海のことではなく、愛知県北西部の瀬戸の本山というところで取れた粘土が上質であったことに由来しています。

・かみおろし【神降】
神典の特化技能。神社での各種の神事は、神を迎入れ、そして送り出すことを目的としています。現世での仮の住まい、つまり依代が神社というわけです。この儀式のために神楽というものがあり、歌舞によって盛大に儀式を執り行います。このとき神社と神楽宿(祭場)で神を迎えるための儀式を行いますが、神社で行うものを神迎えといい、神楽宿で行うものを神降といいました。

・かんじんちょう【勧進帳】
僧や山伏が持ち歩いていた巻物のことで、これを読み上げることで人々から寄付を募っていました。ちなみに歌舞伎の演目として有名な『勧進帳』は源義経一行が兄である頼朝から逃げていくときの逸話が元になっています。ダンジョン「松島」での3000ポイントクエストの名称は「五大明王勧進帳」ですが、「鬼門比叡山」に義経関連の敵が数多く出現することから、このあたりがモチーフにされているみたいですね。

・きえ【帰依】
僧の技能。敵を改心して、戦闘から逃走させます。

・きゅうしゅう【急襲】
侍の技能。共通技能で「軍学・四」に収められています。天候が雨か雪のとき、戦闘開始時の味方の素早さを上昇させます。ウエイト効果は-3で、車懇の陣(-2)や早拍子(-2)などを上回ります。「龍隠門」や「人取橋」では天候が常に雨・雪なので、侍さんはぜひこの技能を実装しましょう。なお、僧兵さんの(-2)はこれらの技能を上書きしてしまうので、戦闘突入前に確認しておくといいかもしれません。

・くぐつし【傀儡師】
ついさっきまで「かいらいし」と読んでました 各地を放浪し、木製の人形を舞わせた大道芸人の一種だそうです。

・くしゃのほう【倶舎の法】
薬師の技能で、自身の全ての属性値を上昇させます。仏教における阿毘達磨倶舎論(あびだつまくしゃろん。阿毘達磨の教えが全て収められた論という意味)が由来となっているそうです。

・ぐれん【紅蓮】
僧の技能で、密教秘術の特化技能には紅蓮法輪があります。もともとは紅い蓮華の花の意味で、転じて燃えさかる猛火を意味するようになりました。

・げたんほう【外丹法】
仙論の特化技能で、戦闘開始時に自身の全ての属性値を上昇させる効果があります。仙人たちが調合した不老長寿の薬を飲んで、仙人になる方法のことを外丹法といいます。

・こうづけ【上野】
事典にはこう表記されていますが、これは歴史的仮名遣いであり、現代仮名遣いだと「こうずけ」のような気がします。全国マップの東の方に位置し、破天ダンジョン「龍隠門」が存在します。現在の群馬県全域とほぼ同じ領域で、鶴舞う形をしています。

鶴舞う形の群馬県


・こうぼう【光芒】
陰陽師の技能で、上級目録には光芒・華という技能があります。本来、光芒とは雲の切れ間などからまっすぐに伸びた日の光を指すので、エフェクト的には宿命~雲上天部光矢の方が近い気もします。

・こうりめし【行李飯】
私の主食です。いつも楽市に出しておいてくださる方ありがとうございます

・ごだいみょうおうほう【五大明王法】
密教秘術の特化技能。人間界と仏の住む世界の間の火生三昧という世界には不動明王を中心として5人の明王が存在し、総称して五大明王といいます。第二陣で追加された「松島五大堂」の名前もこれに由来します。

松島五大堂の由来


・ごのせん【後之先】
侍と鍛冶屋の技能です。特化武士道には後之先・改という上位技能も存在します。相手の攻撃動作の初動を見極め、即座に回避して反撃に転じることを意味します。後手に回っても、「見切る」ことで先手を取ったも同然の返しを行う高等戦術なのです。

・こんごうふえ【金剛不壊】
侍の技能で、一定時間ほとんどダメージを受けない状態となります。物理結界扱いではないため忍者さんの結界破りでは解除できません。密教さんの破界か行動不能にすることで解除されます。「龍隠門」のボス「鎧剛鬼」は、上位互換技能金剛鉄壁を使用します。





また、ネタが切r時間ができたら<さ行>を書きたいと思います~





ポチポチしてくれると嬉しいです☆
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ 
スポンサーサイト

theme : 信長の野望online〜新星の章〜
genre : オンラインゲーム

信On事典~あ行

突然ですが、信onの中には呼び方がはっきりしない技能ってたくさんありますよね

「解呪」だとか「神威」だとか。「霧散霧消」は誤字なの? とか…

アイテムにはルビが付いてるけど、技能には付いてませんからね



ところで、皆さんはこんな本をご存知でしょうか

信長の野望Online 事典

(公式サイトでの紹介はこちら

この本は2004年の9月に発売されたものです。

時期的には特化導入と飛龍の章開始の間ということになります。

もう6年も前の本ですので、現在の仕様にそぐわない内容もたくさんありますが、信onの世界観を知るにはとてもいい一冊なのではないかと思います

今回はこの本から読み方が難しいとかちょっと興味深いなーとかいう項目を少し紹介してみたいと思います

け、決してネタ切れになったとかというわけじゃありませんですよ(;¬_¬)





今回は<あ行>をピックアップ!



・あがきたしゅう【揚北衆】
越後の廃城にいる敵NPCです。越後を支配する大名家は上杉家ですが、その他にも有力な豪族は数多くいました。その中でも有力な国人衆として名高いのが揚北衆です。上杉家の武将として登場する本庄氏や新発田氏はもともと揚北衆です。合戦場にも本庄氏揚北衆というNPCが存在しますね。


・あざい【浅井】
近江を支配する勢力です。読み方は「あさい」ではなく、「あざい」とするのが一般的のようです。


・あたぎふゆやす【安宅冬康】
三好勢力の四天王武将です。三好兄弟の三男ですが、安宅家の養子となって淡路水軍を継承しました。戦国時代の軍艦として有名な「安宅船(あたかせん、あたけぶね)」はこの水軍が名前の由来となっています。


・いっしょけんめい【一所懸命】
信onやっているひとなら誰でも知っているとは思いますが、「一生懸命」ではありません。現在ではどちらも同じ意味でつかわれますが、もともと鎌倉時代の「御恩と奉公」に由来する言葉であり、「一生懸命」は昭和中期に定着した比較的新しい言葉なのです。


・いっとうりゅう【一刀流】
道場でもらえる武器目録の剣術系最後の技能です。刀剣を一本だけ装備すると気合ダメージを追加します。「阿修羅槍パッチ」以降重要度が落ちましたが、タイマンでは結構な脅威となります。なお、忍者の特化、暗殺奥義にある「忍者一刀流」は一定確率で敵を麻痺させる効果を持ちます。
剣術としての一刀流は一代流派を築きました。争覇の章で追加された上級クエスト「剣聖信綱編」でその辺りの変遷を体験することができます。あちらこちら走りまわされるだけのお使いクエストのようであまりいいイメージはないですし、今となっては報酬もあまりおいしいものではないのですが、ストーリーはそれなりに作り込まれているので、空いた時間にやってみるのもいいかもしれませんね。


・いなばやま【稲葉山】
斎藤家の本拠地です。史実では1567年に織田信長が斎藤家を滅ぼしたのち、岐阜と改名されています。信長が「天下布武」の印版を使用するようになったのはこの頃で、岐阜では楽市楽座令も出されるなど、信長の天下統一の足がかりとなりました。


・いのやへんべ【猪野谷へんべ】
美濃に出現する敵NPCです。燕が運んできた種をまくと、庭に南瓜が生えた。その南瓜の中から蛇が現れたという伝承をもとにしている。この敵NPCを倒すと高確率「へんべの南瓜」というアイテムをドロップします。これは評定クエストの「山の幸納入」にも使える食料アイテムです。絵巻にも乗るので、時間の空いた時に狩りに行ってみるといいかもしれませんね。


・いんようごぎょうせつ【陰陽五行説】
陰陽道は陰と陽という相反する気を基本としています。これに五行を加えたものが陰陽五行説です。五行とは木・火・土・金・水を示しており、これらは各属性術に反映されていますね。陰陽道の特化目録にある「五行相生(ごぎょうそうじょう)」は五行の相互関係を表す相生相克からきています。


・うつせみのじゅつ【空蝉の術】
空蝉とは本来現世に生きている人のことを指します。忍術における空蝉の術とは、自分の気を他の物に移し敵の攻撃を避けるというもので、敵の攻撃が命中したと思ったらそこには人型の木が置いてあっただけなんてシーンを想像してもらえばいいと思います。


・うばわれたかけばちょう【奪われた懸場張】
富山で受けられる依頼で、これを達成すると富山のNPCかられい羊角などの材料アイテムを購入することができます。昔、富山に適当に漢字を羅列したような名前のPCがたくさんいたのはこのためです。現在では堺商人町でも購入が可能なため、ほとんど見かけなくなりましたが。ちなみに懸場帳とは富山の薬売りが置き薬を売るために作った顧客リストのことで、簡単なカルテの役割も果たしている非常に重要なものでした。


・うめぼしばば【梅干し婆】
越中に出現する敵NPC。こちらも「山の幸納入」に使える「すっぱい梅干し」をドロップします。梅干し婆とは一般的に顔に皺の多い老婆のことを指しており、決して妖怪の類ではありませんよ。


・おおさか【大坂】
現在は「大阪」と書きますが、戦国時代は「大坂」です。「那古野」なんかもそうですね。


・おけはざま【桶狭間】
かの有名な桶狭間の戦いが行われた場所です。新星の章になって合戦場名が各拠点の名前に変わったのですが、「桶狭間の戦い」はもう起こらなくなっちゃったのかな。


・おだに【小谷】
近江にある城下町で浅井家の拠点です。小谷城は代表的な山城として知られ、非常に堅固な作りをしていました。


・おのう【お濃】
那古野城にいるNPC。斎藤道三の娘で、織田信長の嫁。本名は帰蝶といいますが、美濃から嫁いできたのでこう呼ばれたそうです。


・おんぎょうのじゅつ【隠形の術】
ゲーム内でも「いんぎょう」なのか「おんぎょう」なのか読み方がはっきりしないもののひとつ。隠形薬は「いんぎょうやく」って読むのにねぇ…





事典をもとに勝手な感想を付け加えてみましたが、いかがでしたか

気が向いたら次は<か行>を書きたいと思います





ポチポチしてくれると嬉しいです☆
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ 

theme : 信長の野望online〜新星の章〜
genre : オンラインゲーム

プロフィール

しぐれ

Author:しぐれ
『信長の野望 Online』
紺碧サーバーで活動中。
しぐれのプロフ
(2013/12/02更新)

城下町「しぐはるこん」
訓練系施設ALL300↑
家臣武具店2種類
城とも募集中です☆

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
信On・攻略ブログ

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンク

QRコード

QR

信onリーダー

リンク

リンクについて

 当ブログはリンクフリーです。各記事へのディープリンクもかまいません。リンクの際に連絡は必要ありませんが、コメントなどで連絡くだされば、こちらからもリンクさせていただきます。
 また、こちらから一方的にリンクを貼らせていただく場合がございます。問題がありましたら、お手数ですが、コメント欄、または、下のメールフォームよりご一報ください。

著作権について

(1) 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
(2) このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
(3) このブログの情報はご自由にご利用ください。ただし、不利益を被ったとしても管理人は責任を負いかねますので予めご了承ください。
You can use this blog's information freely.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。