Information


【ブログ情報】 最終更新日:2015/01/19
●2015/01/19 更新を完全に停止します。今までありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと続けてほしいな

メンテが明けて「花火祭2010」が始まりました

これと同時にイベント「伝助の運試し」も始まっています

そして「花火祭2010」アップデートが同時に行われました

イベントの名前とアップデートの名前が同じでいまいちよくわからないんですけど…

イベントの方は前回の記事で触れたので、今回はアップデートの方をまとめてみたいと思います





今回のアップデートで行われたことは以下の通りです。

○イベント「花火祭2010」開催

○“法師の過去帳”“五大明王勧進帳”の撃破値にボーナス

○“上覧武術大会”の配布装備の性能を強化

○《天下一品》の性能を強化

○“松島五大堂”に売り物を追加





イベントを除けば、実質2番目の内容くらいですかね、目ぼしいのは…

撃破値にボーナスというのは、「鬼門比叡山」と「松島」の3000ポイントクエストが、受けた時点で1000ポイント貯まった状態から始まるようになります。

つまり受けただけで報酬がもらえるように!

まぁ実際のところ、受けただけうんぬんよりもやっぱり3000ポイント必要か2000で済むのかというのは大きな違いだと思います。

特に「鬼門比叡山」のように少数構成の敵が散在しているダンジョンでは3000ポイント貯めるのに1丹以上かかるなんてことが普通に起こりえますからね。

2000ポイントで済むのであれば、普通の7人徒党を組めば1丹を超えることはまずないでしょう。

ここでのポイント狩りって前の週の3000ポイントクエストの報酬(40戦の獲得覚醒値アップ)の消化を兼ねて行うことがほとんどだと思いますが、だいだい2000ポイントを超えたあたりでこの報酬が切れるんですよね。

それ以降は残業みたいになってしまってモチベーションががくっと落ちてしまいます。

だからこそ40戦前後でおさまるというのは非常に大切なことだと思うのです。

1000ポイントボーナスは9/29(水)までの限定らしいのですが、それ以降もずっと続けてほしいなと願ってやみません。

もしくは「人取橋」みたいにひとつの敵から得られるポイント増やすとかしてもらいたいですね。





ただ、ねぇ…

これが「アップデート」ですか

もう少し頑張ろうよ





ポチポチしてくれると嬉しいです☆
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ 
関連記事
スポンサーサイト

theme : 信長の野望online~新星の章~
genre : オンラインゲーム

Secret

プロフィール

しぐれ

Author:しぐれ
『信長の野望 Online』
紺碧サーバーで活動中。
しぐれのプロフ
(2013/12/02更新)

城下町「しぐはるこん」
訓練系施設ALL300↑
家臣武具店2種類
城とも募集中です☆

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
信On・攻略ブログ

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンク

QRコード

QR

信onリーダー

リンク

リンクについて

 当ブログはリンクフリーです。各記事へのディープリンクもかまいません。リンクの際に連絡は必要ありませんが、コメントなどで連絡くだされば、こちらからもリンクさせていただきます。
 また、こちらから一方的にリンクを貼らせていただく場合がございます。問題がありましたら、お手数ですが、コメント欄、または、下のメールフォームよりご一報ください。

著作権について

(1) 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
(2) このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
(3) このブログの情報はご自由にご利用ください。ただし、不利益を被ったとしても管理人は責任を負いかねますので予めご了承ください。
You can use this blog's information freely.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。