Information


【ブログ情報】 最終更新日:2015/01/19
●2015/01/19 更新を完全に停止します。今までありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復帰に向けて チャプター1

PS3版が発売されましたね

各所のブログで購入した方々の記事を読ませてもらった限りでは、景色とかがとっても綺麗になったみたいで評判は上々のようです。

私はPS3を持っていないので、ソフトを買ってもプレイできないのですが、ちょっぴり興味を惹かれる反応です



それで、本日、かつての放置キャラでこっそりログインしてみました

タイトル画面がなつかしいw

キャラ選択の時に持ちキャラ全部が表示されるので一応確認。

うん、メインキャラが一門から抜けちゃってます。

まあ分かってはいたんですけど。

私がログインしなくなるしばらく前から、稼働人数が少なくなってるから、どこかと合併しなくちゃって筆頭さん言ってたし。

黙っていなくなっちゃって、ホント迷惑かけちゃったなぁ;;

インして確認してみると、元いた一門は他の一門と合併して名前が変わってました。

筆頭さん以下みなさんお元気のようでなによりです。

本格復帰したらお礼とお詫びに行かなきゃ><

サブキャラの方は一門に入ったままでした。

確かそちらの一門は筆頭さんがいつの間にかキャラデリして他の方が後を継いでたはず。

いつの間にかと言っても一ヶ月くらい私がそのキャラを放置してただけなんですが、放置してしまった経緯は長くなるので割愛(また機会があったら書きます)

一門に消滅条件とかあったのか忘れちゃったけど、残ってるってことは中の人たちも動いているのかな?

こっちにもご挨拶に行かないと!





とりあえずは復帰に向けて、私が離れていた間のアップデートをまとめてみます。



【9月アップデート】(方針情報パッチ

・破紋乱射の術耐性低下効果を弱化。
・一部の物理系攻撃技能に術耐性低下、術系攻撃技能に物理耐性低下の追加効果を付与。または既存効果の強化。
・一部の物理系攻撃技能のダメージアップ。
・一部の技能の消費気合を軽減。
・旧奥義の待機時間を短縮。
・新星ダンジョンでの死に戻り場所を拠点の墓場からダンジョン入り口に変更。
・鬼門比叡山と松島のでの獲得撃破値増加。ポイント狩りの負担軽減。
・鬼門2と3が1徒党でもクリア可能に。
・その他

まとめると、
・天槍オンライン禁止。
・物理術混成徒党推奨。
・とかなんとか


個人的に気になるのはやっぱり破紋乱射の弱体かなぁ。

ポイント狩りでとってもお世話になってたけど、ボス戦と対人戦でのバランスが悪すぎて案の定修正が入ったという感じでしょうか。

離れてから随分経つから今のポイント狩りがどうなってるのかちょっとわからないけど、医術育てるために殺陣作ってたのが無駄になってる

一律弱体化じゃなくて、ボスにはアンチ技能を実装して、対人戦でのみ低下率変更とかにはできなかったのかな。

技術的に面倒? ああ、そうですかw

争覇奥義に光を当てるってのはいいことだし、各試練が1徒党でクリア可能になったってのはとってもいいことだと思う。

やっぱりハードルは低いところから順に用意しておかないとね。



【10月アップデート】(方針情報パッチ

・鬼門比叡山を一門に未加入のプレイヤーにも解放。
・鬼門比叡山から松島五大堂に戻れるように。
・ポイント狩りのボーナスがMAXまで貯めなくてももらえるように。
・一部の職・特化に新技能を追加。
・一部の職・特化の技能を調整。
・一門へのログイン通知を撤廃。
・その他

まとめると、
・不遇特化を救済。
・一門至上主義を撤回。
・かくかくしかじか


最近のインタビュー記事を見ると、この辺から方針転換が始まったらしいですね。

やはり「新星の章」の肝でもあった一門に纏わり付く問題が看過できない状況になっちゃったんでしょうか。

一気に一門への依存度を下げる修正を入れ始めました。

私個人としては評価したいです。

やっぱり一門が信on人口の減少に拍車をかけたのは事実だと思いますから。

運営が一門実装にどんな意図をもっていたのか、またその結果をどう予想していたのか。

いろいろ意見とかは届いていたのでしょうが、サイレントマジョリティとノイジーマイノリティ、両者のバランスを見誤ると大変なことになりますね。

もう一つの大きな修正は、技能調整。

特に技能の追加と効果変更はちゃんとチェックしておかないと、復帰後に問題となりかねませんからね。

公式サイトとWikiをきちんと読んでおきたいと思います。

そして、地味に嬉しい覚醒ボーナスのポイント比例計算。

今までのALL or NOTHING形式だとメンテ明けのポイント狩り徒党に乗り遅れてあとで絶望なんてこともありました。

比例になれば、ひとりで時間の空いたときにやって、貯まらなくても報酬はもらえますしね。



【11月アップデート】(パッチ

・松島のボスの能力を調整。
・長期プレイ報奨アイテムを追加。

まとめると、
・無理ゲー解消。
・ネコミミ。


正確にはアップデートではないんですが、ちょっとした調整が行われていたのでチェック。

松島3のボスには一度だけチャレンジした事があるのですが、変な色したダイオウイカが鬼畜な強さだったのを覚えています。

思えば一門ダンジョンの悪い所ってこの松島3に集約されていたような気がします。

まず、人を集めるのが大変。20人以上必要。

にも関わらず、敵がものすごい強いから、クリアできるかわからない。

何時間も拘束されたけど、何一つ得られず解散なんてことになりかねない。

こんなにも苦労にリターンが見合わないこと何回もやりたいって思わないでしょう。

やる人がいるのは目新しさがあるはじめだけ。

乗り遅れた人はチャレンジのチャンスすらもらえない。

それは不満貯まりますって。

これで大黒天に挑めるようになった人も出たんでしょうか。

全部が全部、誰でもクリアできるってのも考えものですけど、そういうステータス的なものは一部精鋭が得られるべきもので、20人以上に同時に求められるものじゃないですよね。

長期報奨アイテムの追加は、ネコミミとイヌミミ、それと修得度獲得アイテム。

私はこのポイントを使ってないので、かなり溜まっているような気がします。

あまり目新しさはないのですが、仕立て直しアイテムの方はちょっと人気があるのかもしれませんね。

ここを実用的にし過ぎると公式RMTだと批判を受けるのでしょうけど、もう少し交換したくなるような物出ないかなー。



【12月アップデート】(情報パッチ

・松島の基本試練を1徒党でもクリア可能に。
・松島を一門に未加入のプレイヤーにも解放。
・新参者クエストをわかりやすく。
・中級者クエストをお手軽に。
・お供NPC配置。
・かわら版、評定依頼のレベル制限を緩和。
・武技鍛錬の敵NPC位置調整。
・髪型追加。
・その他

まとめると、
・一門依存からのさらなる脱却。
・新規に優しく。
・えとせとら、けせらせら


PS3版の発売と同時に、行われたアップデートですね。

内容の詳細については、実際にプレイされている方のブログを見たりして勉強しておきたいと思います。

気になるのが、中級者クエストのへのテコ入れ。

あれはあれで成長の段階を経るにはいいバランスだったのではないかなと思ってたのですが。

特に最後の才蔵なんか、実装当時は絶妙なバランスだったと記憶しています。

クエスト内容を簡素化してしまうより、配布装備の性能上げたりした方が、後々のためになるような気が…

でも、運営側にはドロップアウトしていったキャラのプレイデータとかの解析があるのだろうし、とにかくお手軽にという方向性がいいと判断したのなら、それもひとつの手ということでしょうか。

FAQの導入は一見効果が薄いように感じるかもしれませんが、こういう細かなところに気を配って、丁寧に作り上げていった方が評価は上がると思っています。

アイテム一つとったにしても、治身丹の説明文が「自己回復・伍」より、「薬座頭が自ら調合した最高級の薬。生命力を大幅に回復する。」(内容は適当ですw)とかになってた方が世界観が広がっていいと思うんだけどな。

炭400文(笑)じゃダメだと思うのですよ。

そういうのに興味がない人もいるだろうけど、設定とか好きな人はきっといると思うんだ。うん。

最近は五右衛門が二人、千利休も二人といったように、設定をガン無視した要素が多くなってきてて残念だなーと感じてました。

信onには歴史という壮大な設定がせっかくあるのだから、そこを存分に活かして楽しいゲーム開発を進めてもらいたいです。

これからに期待、かな





ポチポチしてくれると嬉しいです☆
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ 
関連記事
スポンサーサイト

theme : 信長の野望online~新星の章~
genre : オンラインゲーム

Secret

プロフィール

しぐれ

Author:しぐれ
『信長の野望 Online』
紺碧サーバーで活動中。
しぐれのプロフ
(2013/12/02更新)

城下町「しぐはるこん」
訓練系施設ALL300↑
家臣武具店2種類
城とも募集中です☆

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
信On・攻略ブログ

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンク

QRコード

QR

信onリーダー

リンク

リンクについて

 当ブログはリンクフリーです。各記事へのディープリンクもかまいません。リンクの際に連絡は必要ありませんが、コメントなどで連絡くだされば、こちらからもリンクさせていただきます。
 また、こちらから一方的にリンクを貼らせていただく場合がございます。問題がありましたら、お手数ですが、コメント欄、または、下のメールフォームよりご一報ください。

著作権について

(1) 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
(2) このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
(3) このブログの情報はご自由にご利用ください。ただし、不利益を被ったとしても管理人は責任を負いかねますので予めご了承ください。
You can use this blog's information freely.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。