Information


【ブログ情報】 最終更新日:2015/01/19
●2015/01/19 更新を完全に停止します。今までありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏門さん、これだけはゆずれません!

今、信オンブログ界でもっともアツい話題がこれ

“仏門”

タイトルに入ってるだけでアクセス数が稼げちゃう魔法のワード

これは乗るっきゃない

ってことで記事書いちゃいますっ

あ、でも、内容は結構真面目よ





ご存じの方も多い通り「2月アップデート」では回復職を中心に調整が入るわけなのですが、軒並み上方修正が行われる中、仏門にだけ「下方修正」が。

それでも仏門の狩りでの優位性は揺るがないし、蓮華強化の恩恵を一番受けるのは仏門です。

「慈愛の心・参」という強力な割合増加技能を持っているのですから、医術以上に恩恵を受けられるかもしれないのですよ?

それに蘇生技能がある以上、この調整で仏門枠が密教や僧兵に代わることはありえません。

それより「2月アップデート」での注目ポイントはここ

「医療知識・弐」+「医療杖術」付き「治癒」
vs
「慈愛の心・参」付き「蓮華」

もちろん前者が上であると信じています





そして、今回は「医術としてこれだけは言っておきたい」ということを書かせていただきます。

回復No.1は医術であるべき

なにをジコチューな、と反発される方も多いかと思います。

でも、考えてもみてください。

回復職の回復特化と万能職の回復特化。

ξ*゚‐゚)ξ < 回復において前者が優位であるのは当然じゃなくて





募集文に「回復」と書いてあった場合、普通は薬師3特化に僧3特化を加えた計6特化が該当します。

ただし、密教は術アタッカーとして、僧兵は物理アタッカーとしての側面を持つため、攻略するダンジョンのレベルなどから推察することとなります。

一方、「蘇生」と書いてあった場合、薬師3特化と仏門の計4特化のみが該当します。

密教と僧兵は共通技能に蘇生を持つものの、生命回復量が極めて少ないため、実用性はかなり低いためです。

また、パラメータの初期振りとか装備の付与とかから、回復として密教1構成はありうるが、僧兵1構成は特殊だと個人的に考えています。

異論はあるでしょうが、以下の記事は上記を前提に書かれていると理解してください。





医術が他特化に劣る部分は数多くあります。

①基本能力

回復役として最も大切なパラメータは生命力です。

防御力にも関係する耐久力も大事です。

これらの基本パラメータは職ごとに固定されているのですが、薬師と僧を比べてみると…

薬師と僧の基本成長率の比較

回復役に必要だと思われるステータスの成長率では僧に軍配が上がります。

魅力依存の治癒・蓮華が実装されて若干緩和されたとはいえ、ステータスの視点からは僧の方が上です。

薬師は旗頭を務めることが多いのですが、成長率的にかなり脆いことがわかります。

一方の僧は万能職と言われるだけあって、比較的打たれ強いのです。



②戦闘潜在能力

レベル30から入手できるようになるアレです。

薬師と僧にほとんど違いはないのですが、職ごとに異なる隠し潜在において大きな差が現れます。

薬師と僧の隠し戦闘潜在能力の違い

知力はまだいいとして、まさかの属性が隠し潜在の薬師。

一方の僧は生命力に気合、知力とまさに回復役のための隠し潜在となっています。



③自分に結界がはれない

結構大きな問題です。

旗は絶対に死ぬことが許されません。

そのため、万が一攻撃が抜けてきた場合に備えてダメージを軽減できる結界をはれることは大きな強みなのです。

僧は共通技能に結界を持ち、仏門と僧兵はさらに優秀な特化技能を持ちます。

一方、薬師はダメージ軽減効果のある結界をはることが出来ません

「加護の唄」を投げてくれる巫女さんは女神ですw



④技能覚醒

上記3つが薬師と僧という職業間の違いであったのに対し、これは純粋に特化間の違いになります。

技能覚醒の特徴は以下のとおりです。

・通常の技能覚醒は実装しているときのみ効果が発動する。
・一定ポイント(500)を割り振ると隠し技能覚醒が現れ、この効果も追加される。
・一つの技能の技能覚醒を隠しも含めてすべて最大まであげる(一般に技能レベル299)と、隠し技能覚醒の効果が常時発動となる。
・常時発動となった隠し技能覚醒の効果は、その技能を実装していなくても50%の効果を得られる。

個人個人実装している技能が異なるでしょうから、単純に設定された技能覚醒のみで判断することは出来ません。

ただ、以上の特徴を踏まえた全体の傾向として、次のようなことが言えます。

・隠し技能覚醒の効果が優秀なほど、恒久的に恩恵を受けられる。
・特化技能を多く実装出来れば、通常の技能覚醒を含めて恩恵を受けられる。
・言い換えると、必須技能に共通技能が多いと恩恵を受けにくい。

だから、自分の特化の技能に似た技能が共通技能にあったとしても、技能覚醒の分アドバンテージは大きいということを忘れてはなりません。

例えば、仏門の「後光」は僧共通技能である「菩薩の光明」の完全上位互換である上に、技能覚醒効果で知力+10が得られるのです。

医術の「医療知識・壱」は薬師共通技能の「延命術極意(「医療知識・壱」+「存命術極意」)」に含まれますが、隠し技能覚醒効果として生命力+50が得られます。
(「医療知識・弐」があるため普通は実装に入れませんし、「存命術極意」を別に実装しなければならないため、技能枠を余分に消費してしまいます。また、必須技能ではないため、技能レベルを最大まであげるのに大変な労力が必要です)

細かいところだと、医術は特化技能に「宿命~天槍」に乗れる技能を持っていません。



⑤回復しか出来ない

回復職の回復特化ですから、回復以外の方向への強化は強く望んでいません。

ただ、このことが現在のキャラクター成長におけるトレンドである技能覚醒の育成にとって大きな障害となっています。

何が問題かというと、技能覚醒の育成手段が雑魚狩りしかないということなのです。

九州三国志における経験値や潜在のようにクリアボーナスが存在しないため、延々と雑魚狩りをする必要があります。

完全に作業となりますから、効率を追求した徒党構成になってしまいます。

殺陣が好まれ、盾は鎧一択。医修能士はサヨウナラ。

攻撃術が撃てて冥利もある仏門さんが羨ましい。

かつて一部の特化が感じていた「ボスにだけ呼ぶな」が技能覚醒の実装によって他特化にも広がりました。

雑魚狩りでもボスノックでも同程度の効率で技能覚醒が得られるのならば、このような弊害は発生しなかったはずです。

その意味では「1月アップデート」の九州瓦は私の中では超優良アップデートなのです。

今後はこの方向への調整もお願いしたいです。





いろいろ言って来ましたが、それでも医術が大好きです。

そんな医術のプライドってこの部分なんです。

回復量No.1

人によって感じ方はそれぞれなんでしょうけど、少なくとも私はこれ。

医術実装当時のコンセプトとしては「唯一準備なし回復ができる特化」という触れ込みだったのかもしれませんが、今や回復職の全特化に準備なし回復が実装されちゃってますし、当初の方向性というのは失われつつあるのではないかな、と。

それに、私自身争覇生まれで、既に他特化に準備なし回復が実装されてた状態だったのもあって、準備なし回復に対するこだわりはあんまりありません。

というか救護連発なんて盾さんがよほど完璧に釣っててくれなきゃ出来ません。

救護系の技能のヘイトってものすごい高いんです。

普通に治癒を使っててもオレンジ・赤が当たり前なところ、救護なんかを挟んだら常時真っ赤っかです。

旗を預かることが多い回復役は常にヘイトコントロールを意識して動かなければなりません。

無闇に全体を連発しない、無駄に動かないなど、大切な事はたくさんあります。

救護はあくまで緊急措置なのです。

だからこそ、準備なし回復が医術の特徴だとは認めつつも、特長だとは思っていません。

医術の特長は瞬間回復量にあるんです。

「医療知識・弐」と「快癒法・弐」に「医療杖術」を乗せた、他特化には絶対に追いつけない瞬間回復量。

これこそが医術が医術である証。

結界がはれなくても、攻撃ができなくても、ただひたすら傷ついた徒党員を癒し続けることが医術の喜びなのです。










あ、お水忘れました><










ポチポチしてくれると嬉しいです☆
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ 
関連記事
スポンサーサイト

theme : 信長の野望online~新星の章~
genre : オンラインゲーム

No title

覚醒でステータスの上積みが出来る現状では、
「育成のしやすさ」もかなり重要だと思うのですが、
そこを見落としている人が多いですね。

丁寧にまとめられていて、とても分かりやすかった
です。これからも更新を楽しみにしていますので、
がんばってください。


No title

うん、納得。
同意見にございます。
コーエーさんも、各特化(というか職)の色分けをもう一度よく
考えて調整をしてくれれば良いのですが・・・

あと。
オチはウケましたw

Re: No title

>すがりさま

コメントありがとうございます。

雑魚狩りですと、どうしてもアタッカー偏重になってしまいますからね。
特に武士さんなんか苦労しておられると思います。
今度、この歪みが解消されるといいのですが…

これからも読みやすい記事を心がけていきたいと思いますので、よろしくお願いします。



>神通さんさま

コメントありがとうございます。

生命インフレ時代において、特化としての神通さんも相対的に弱体化が進んでしまっていますよね。
活身にしても生命付与にしても基本値が大きくなればなるほど効果が薄れてしまいますし、永続周天の前には金輪も無意味という。
「活現治療」の上位技能として「活現治癒」とかが特化技能にあってもいいと思うんですけどね。

No title

私は仏メインなんですが
たしかに医が回復量NO1が良いと思います

ただ、私の考えは仏は対物理回復のスペシャリストだと思ってます。
今回の調整は正直。。。。です

たしかに回復量下げるのはまあしょうがないと思いますが
ただその分 物理耐性UPとか結界硬度を覚醒MAXで4割とかにしても良いとおもったのですが。

薬は万能型回復
僧はスペシャリスト的回復が望ましいと感じました

Re: No title

コメントありがとうございます。

私は仏門を持っていないので、今回の弱体に関して本職の方がどう感じるのかについては推測の域を出ません。
本記事についても、対NPC戦における医術からの視点でしか書けませんでしたしね。
ただ、前記事に書いたとおり、私も今回の弱体は不要だったという考え方であるのは間違いありません。
対人を全くやらない身ですので、仏門さんは味方でこそあれ、敵ではありませんから。
問題は回復枠を奪いあってしまうこと。うまく共存できる環境が整えられればいいのですが…
Secret

プロフィール

しぐれ

Author:しぐれ
『信長の野望 Online』
紺碧サーバーで活動中。
しぐれのプロフ
(2013/12/02更新)

城下町「しぐはるこん」
訓練系施設ALL300↑
家臣武具店2種類
城とも募集中です☆

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
信On・攻略ブログ

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンク

QRコード

QR

信onリーダー

リンク

リンクについて

 当ブログはリンクフリーです。各記事へのディープリンクもかまいません。リンクの際に連絡は必要ありませんが、コメントなどで連絡くだされば、こちらからもリンクさせていただきます。
 また、こちらから一方的にリンクを貼らせていただく場合がございます。問題がありましたら、お手数ですが、コメント欄、または、下のメールフォームよりご一報ください。

著作権について

(1) 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
(2) このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
(3) このブログの情報はご自由にご利用ください。ただし、不利益を被ったとしても管理人は責任を負いかねますので予めご了承ください。
You can use this blog's information freely.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。