Information


【ブログ情報】 最終更新日:2015/01/19
●2015/01/19 更新を完全に停止します。今までありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医術の技能覚醒について考えてみました

ポイント狩りがしやすくなってきたことと、合戦の検分クエストがとってもおいしくなったことで、医術の私も徐々に覚醒が育つようになってきました

もう少しでようやく1個目の覚醒皆伝ができそうです

そこで、これからどの技能を覚醒させていこうかとか、最終的にはどういう実装にしようかとか考えてみました





まずは、医術の技能覚醒はどんなものがあるのでしょうか。

寄合所からピックアップしてみました。

医術技能覚醒

技能そのものの性能を上昇させる項目については省いてあります。

また、赤字は奥義です。

やはり気になる生命力は青背景にして強調です。

生命力が全部で1100もあったことにはびっくりですが、この数字に意味はなく、大切なのは、特化技能を全部は実装できないということです。

技能枠は最大で14(通常10+特化3+奥義1)しかありませんし、職共通技能にも大切な技能がたくさんあります。

実装する技能は厳選しなければなりません。



ここで一度、技能覚醒について整理しておきます。

技能覚醒は、レベル(経験値)、潜在能力(熟練度)に次ぐ、第三の成長要素であり、技能経験値を貯めることによって各技能の性能を高められるだけでなく、キャラクターのステータスを上昇させることも出来ます。

技能経験値を10,000貯めると、覚醒値が10入手でき、この覚醒値を割り振って、技能やステータスを成長させていきます。

また、技能覚醒には、はじめから表示されているもの(ここでは「表覚醒」と呼びます)と、「覚醒値」を500ポイント消費することによって現れる「隠し覚醒」というものが存在します。

この隠し覚醒は、その技能を完全に覚醒させると、実装していない時でも効果の半分を得ることができるようになります。

非常に複雑でわかりにくいですね。

ですが、見落としがちだけれど大切なこととして、表覚醒は実装していなければ効果は得られないというのが挙げられます。

隠し覚醒は完全覚醒さえしてしまえば、実装していなくても半分の効果は得られるのです。

しかし、どんなに優秀な覚醒を持っていようとも、表覚醒はその技能を実装しなければ全く効果を得られません。

前にも述べたとおり、実装枠には限りがあります。

技能の実用面と技能覚醒の優秀さを天秤にかけて、限られた技能枠を有効活用していくことが必要となります。



さて、本題に戻りましょう。

医術がボス戦に臨むにあたっての技能候補はこんな感じです。

1.ぜひ実装したい共通技能
・存命術極意
・蘇生・参
・全体解呪・弐
・治癒
・全体治癒
・医療杖術

2.ぜひ実装したい特化技能
・医療知識・弐
・予防術・弐
・全体救護・弐
・快癒法・弐
・二者救護

3.余裕があれば実装したい共通技能
・倶舎の法・参
・活力
・攻撃呪霧・参
・毒飼

4.覚醒成長内容が魅力的な特化技能(2.を除く)
・予防術
・服毒回復

1.と2.に関しては、実装していないとヤバイくらいの技能だと思います。

今は生命MAXからでも一撃で死ぬことも多いので「存命術」はいらないなんて考えの人もいるかも知れませんが、旗持つ場合は少しでも死ぬ確率を下げることが使命だと思います。

「快癒法・弐」は開幕くらいしか使いどころがないのですが、覚醒項目に生命力があることを踏まえると、実装しておきたいところ。

この1.と2.だけで11枠も使用してしまいます。

そうなると、残っている枠は2つだけとなってしまいます。

この2枠を3.と4.で争うわけですが、ここからはお好みでとしか言いようがありません。

3.は共通技能から実用面でセレクト。

「倶舎の法」は属性値を上げてくれる技能で、属性値上昇のアイコンが付きます。

敵の属性術からのダメージをわずかではありますがカットしてくれますし、四属性呪詛レジスト率を上げることも出来ます。

「活力」は「詠唱付与・四」によって準備が省略できるようになってから、使い勝手が向上しました。

実際には治癒を使用したほうが良い場面がほとんどでしょうが、一応候補に挙げておきます。

「攻撃呪霧・参」や「毒飼」は敵の攻撃力の低下を狙うというよりは、敵の赤を消すために実装します。

「倶舎の法」と併用することで、結構な確率で成功させられます。

逆に、技能覚醒の効果だけを見て、選んだのが4.の2つの技能です。

さて、ここで、さっきの技能覚醒表を種類別に並び替えたのがこちら

医術技能覚醒_ソート

オレンジ色の背景は必須特化技能として実装済みの技能です。

「予防術」はすでに「予防術・弐」を実装しているので、全く意味がありません。

ボス戦で投げ丹を受けることはほとんどないでしょうし、「服毒回復」も役に立たないと思われます。

ただ、どちらも表覚醒が生命200、隠し覚醒が知力10と、みすみす捨てるには惜しい内容です。



あとは奥義でしょうか。

私は今まで「名医の奇跡」を実装してきたのですが、隠し覚醒を見ると、「救命医術」も捨てがたいなと思ってしまいます。

完全覚醒させれば、半分は効果は得られますが、50%カットされるのももったいない。

技能覚醒ってやっぱり難しいですね。

最終的には、場面に応じて技能を使い分けていくことが必要になると思います。



何はともあれ“今週のポイント狩り”です





ポチポチしてくれると嬉しいです☆
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ 信On・攻略ブログ 信長の野望Onlineランキング オンラインゲームブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

theme : 信長の野望online~新星の章~
genre : オンラインゲーム

Secret

プロフィール

しぐれ

Author:しぐれ
『信長の野望 Online』
紺碧サーバーで活動中。
しぐれのプロフ
(2013/12/02更新)

城下町「しぐはるこん」
訓練系施設ALL300↑
家臣武具店2種類
城とも募集中です☆

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
信On・攻略ブログ

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンク

QRコード

QR

信onリーダー

リンク

リンクについて

 当ブログはリンクフリーです。各記事へのディープリンクもかまいません。リンクの際に連絡は必要ありませんが、コメントなどで連絡くだされば、こちらからもリンクさせていただきます。
 また、こちらから一方的にリンクを貼らせていただく場合がございます。問題がありましたら、お手数ですが、コメント欄、または、下のメールフォームよりご一報ください。

著作権について

(1) 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
(2) このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
(3) このブログの情報はご自由にご利用ください。ただし、不利益を被ったとしても管理人は責任を負いかねますので予めご了承ください。
You can use this blog's information freely.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。