Information


【ブログ情報】 最終更新日:2015/01/19
●2015/01/19 更新を完全に停止します。今までありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四陣~技能バランスの調整について~

相変わらずインできていませんが(猫ちゃん逃げちゃってないよね…)、来週には戻れそうです~





前回の記事に引き続き、第四陣で導入される関ヶ原パッチのお話です。

今回は<技能バランスの調整>について。

50以上の技能がいじられていて、操作したこともない特化も多いので、全部に言及することはできません。

ここはやっぱり慣れている特化である医術つながりで、蘇生役に関係する部分に触れていきたいと思います。



【無我無心】 僧・薬師共通

僧と薬師の共通技能で、新星の章から追加された技能です。

効果は「味方全体の標的混乱状態に対する耐性を上昇させる」というもので、つまりランダムになるのを予防するための技能です。

現在、ランダム効果を持つ技能は<混水模魚の計>(軍学)、<大元帥明王法>(密教)、<煉神消散>(仙論)の3つで、NPCにも海1の馬などがランダム系統の技能を持っています。

今回の調整ではこの技能の効果を大幅に上昇させ、レジスト確率を上げることができるようです。

わざわざ「大幅に」と書いてあることから、この技能の効果中はほどランダムが刺さらなくなると考えていいと思います。

対人戦ではさらに重要な技能となるでしょうが、関ヶ原でランダム技能を持つ武将が多く実装されたりすると、NPC戦でも要求されたりするようになるかもしれませんね。



【克己】 仏門

僧の特化、仏門の特化2にある技能です。

効果は「一定時間の麻痺、催眠、魅了を防ぐ」というもので、不変系の技能ということになります。

今までは時間制で、効果時間も短かったことから死に技能となっていたようですが、今回の調整で回数制に変更となるようです。

仏門持ってないので、わからない事だらけなのですが、

①単体なのか、全体なのか。単体なら自己付与なのか、選択できるのか。

全体ならかなり有用な技能です。

雅楽の奥義<嶺の神歌>に準じる効果ということになります。

単体ならわざわざ1ターン割いて使用する技能なのか悩むところです。

神職さんに不変してもらった方が早い気もします。

②時間制の不変系技能との優先度はどうなるのか。

神職さんが不変を使った場合、この技能との優先度はどうなるのかがわかりません。

おそらく効果自体は不変1レベルだと思うのですが、時間制と回数制ならたぶん回数制のほうが有用だと思うので、仮に雅楽の<不変の唄・弐>だとしても、<克己>の方が良い技能だと思います。

なので、優先度最上ならベストだと思いますが、同じ特化技能同士なので、上書きされそうですね。

ちなみに医術には<予防術・弐>という半永続不変技能があります



【三界印明】 仏門

僧の特化、仏門の特化5にある奥義です。

効果は「味方全体に一定回数のダメージを軽減する結界を張る」というものです。

今までは戦闘開始から10分経過しないと使えなかったのですが、これだと本当に結界が欲しい時に使えないということが多かったのではないかと思います。

今回の調整で待機時間を短縮するそうですが、なしになるのか、5分になるのかで大きく評価が分かれそうですね。



【勇猛果敢】 薬師共通技能

薬師の共通技能で、上級目録の2にあります。

効果は「味方全体の強制逃亡状態を一定時間防ぐ」というものです。

今まではコマンド入力式の時間制技能でしたが、今回の調整で自動発動の技能に変更されます。

しかし、いくら誰も使ってない技能だとはいえ、なぜこのタイミングでテコ入れが入ったのでしょうか?

仮説①:「関ヶ原の陣」では<帰依>や<恐怖の唄>を使用してくる武将が実装される。

う~ん、考えにくいですね。

仮説②:銀枠ネームに実装させて、NPC大勝利!

新星ダンジョンの副将に多く用いられている銀枠ネームNPCに<帰依>や<恐怖の唄>が効果を及ぼすことを、とあるブロガーさんが紹介していましたね。

そこでこの調整。

きな臭いと思いませんか?

関ヶ原パッチ後、これらの技能が聞かなくなっていたら、ヾ(゚Д゚ )ォィォィですね。



【呪力封入】 薬師共通技能

薬師の共通技能で、上級目録の2にあります。

効果は「味方単体の攻撃の毒効果発動率を上げる」というものですが、調整により発動した劇薬の効果が上昇するように変更されます。

説明を読んだ限りでは、これまでも使わなかったし、これからも使われることはない技能でしょう。

確かに薬師、特に医術は攻撃技能を持たないため、劇薬をメイン攻撃として用いることがあります(評定クエとか)が、すでに<薬効激化・弐>があるので、この技能の出番はないでしょうね。



【救命】 医術

薬師の特化、医術の特化3にある技能です。

効果は「対象の蘇生不能状態を解除する」というものですが、調整により蘇生不可能状態でも蘇生できる効果に変更されます。

さて、唯一の医術に対する技能調整ですが、各所で騒がれているように、どうもNPC強化のための調整にしか見えません。

というのも、転生インによるゾンビアタックが横行している現状、わざわざ蘇生不可状態を解除してまで蘇生して戦闘を続ける必要性がPC側にはありません。

となると、これは滅魂戦法に対するNPC側の対抗策のように感じます。

そもそも滅魂戦法自体そうしないと倒せないから行っているわけで、好き好んでこの戦法を用いているわけではありません。

ただ、公開された説明文だけでは実際の詳細がわからないわけでして、わずかながらに希望が残されているのも事実です。

可能性としては、以下の3つが考えられると思います。

①[自動発動]実装していると、蘇生不可状態の味方にも蘇生が使用できる。

→NPC強化。上記の通り、PCには不要。

②[コマンド]対象の蘇生不能状態を解除し、戦闘不能から立ち直らせる。生命力回復量・小。

→NPC強化。<蘇生・壱>に現在の<救命>を効果を付与したもの。言わずもがなでPCには不要。

③[コマンド]対象の蘇生不能状態を解除し、戦闘不能から立ち直らせる。生命力回復量・大。

→まさかの医術強化。<蘇生・参>に現在の<救命>を効果を付与したもの。

蘇生不可状態云々に興味はありませんが、特化技能というだけで技能覚醒の恩恵をフルに受けられるようになるわけで、完全に上位互換技能になりますね。

①か②の可能性が非常に高いです。

が、③だったらいいなーというのが私の淡い希望。

運営を褒め称えるようなことがあるとするならば、PCが使用すると③の効果で、NPCが使用すると②の効果となる場合でしょうか。

一応今までもPCとNPCで技能の効果が異なるというのは前例があるわけですし。



【倶舎養命】 神通

薬師の特化、神通の特化5にある技能です。

効果は「対象の属性値を上昇させ、生命力を継続回復状態にする」というもので、調整により生命力の継続回復効果が上昇されます。

生命のインフレに伴い、継続回復系の地位が低下。

準備なしで呪い付きの術がどんどん飛んでくるようになりさらに継続回復系の地位が低下。

そんな折に今回の戦闘システムの仕様変更で、活と呪いが共存するようになりました。

これにより、喝破か霧散が飛んでこない限り、生命力の継続回復効果は有効でありつづけます。

現在、この技能の継続回復効果は<活身・四>相当らしく、1秒間に約12ほど回復するようです。

この効果をさらに上昇するということですから、1ターンで1000ほど回復するようになるのでしょうか。

だとしたら、属性上昇の効果とも合わせて、かなり優秀な技能となるかもしれません。



【防御呪詛・四】【防御呪霧・四】 修験

それぞれ、薬師の特化、修験の特化1と2にある技能です。

効果は「敵単体の防御力を下げる。効果・特大」「敵全体の防御力を一定時間、下げる。効果・特大」というもので、今回の調整では防御力減少効果を大幅に上昇されます。

どれくらい効果が上昇されるかにもよりますが、単体なら<般若験力>を使用したほうがよいのではないでしょうか。

また、<攻撃呪霧>ならともかく<防御呪霧>を強ボス戦で使用することはほとんど無いと思われます。

だとすると、技能枠に制限のないNPCが喜んで使用し始めたりするんですかね。

これもまた今回の調整の意図を邪推してしまうところで、NPC強化なんじゃないかなーって。


【模写の秘呪】 修験

薬師の特化、修験の特化3にある技能です。

効果は「対象の能力値のいずれかを自身に付与する」というものでしたが、調整により自身より高い防御力、知力、魅力を必ず付与するように変更されます。

つまりがつくようになるわけです。

強ボスの場合は、そのステータスも高い値に設定されているでしょうから、とても強力な自己付与技能になりそうです。

問題はそれを使用する余裕があるかどうかということ。

使いこなすにはそれなりのテクニックが要求されますが、使う人が使えばとても良い技能になりそうですね。



さて、蘇生薬に関する技能調整について書き連ねてきましたが、ここからは個人的に気になる他職のものをピックアップ!

【下剋上の唄】 雅楽

神職の特化、雅楽の特化3にある技能です。

効果は対人専用で「自身より強い敵を攻撃時にダメージが上昇」というものでしたが、調整により、NPC戦でも効果が有効となるように変更され、敵からのダメージを減少させる効果を追加、および、敵へのダメージ上昇効果を調整されます。

つまり<堅陣の謡>と<激戦の謡>をイイトコどりしたような技能になるわけです。

ものすごく優秀な技能のような気がしてきました。



【転禍為福の唄】 雅楽

神職の特化、雅楽の特化3にあった<魂呼の唄>を書き換えた新技能です。

効果は「物理攻撃及び妖術攻撃の“耐性低下”状態を“耐性上昇”状態に反転させる(ただし、耐性上昇効果は、耐性低下効果の半分)」です。

耐性をコントロールできる技能で、マイナスをプラスに持っていけることから、<浄化>の上位互換技能と言えるでしょう。

問題は、対象が単体なのか全体なのかということで、単体ならも付いて対象2体の<神明の唄>の方に軍配が上がるような気がします。

対象が全体であるならば、<陸奥の凶風>などの全体耐性低下技能をひっくり返すことのできる優良技能として、雅楽の新たなアドバンテージとなっていきそうです。



その他、忍者の技能調整にも興味深いものがありますが、「現在の呪詛」というあいまいな表現が現時点での評価を困難にさせています。

このあたりは実装されてみないと何とも言えませんね。



本日8/3、いよいよ「新星の章 第四陣 決戦!関ヶ原の陣」が実装されます。

これで足掛け1年半に及んだ「新星の章」もついにクライマックス。

私は開幕に間に合いませんが、楽しみに待ってます!





ポチポチしてくれると嬉しいです☆
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ 信On・攻略ブログ 信長の野望Onlineランキング オンラインゲームブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

theme : 信長の野望online~新星の章~
genre : オンラインゲーム

Secret

プロフィール

しぐれ

Author:しぐれ
『信長の野望 Online』
紺碧サーバーで活動中。
しぐれのプロフ
(2013/12/02更新)

城下町「しぐはるこん」
訓練系施設ALL300↑
家臣武具店2種類
城とも募集中です☆

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
信On・攻略ブログ

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンク

QRコード

QR

信onリーダー

リンク

リンクについて

 当ブログはリンクフリーです。各記事へのディープリンクもかまいません。リンクの際に連絡は必要ありませんが、コメントなどで連絡くだされば、こちらからもリンクさせていただきます。
 また、こちらから一方的にリンクを貼らせていただく場合がございます。問題がありましたら、お手数ですが、コメント欄、または、下のメールフォームよりご一報ください。

著作権について

(1) 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
(2) このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
(3) このブログの情報はご自由にご利用ください。ただし、不利益を被ったとしても管理人は責任を負いかねますので予めご了承ください。
You can use this blog's information freely.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。